資金調達の選び方を知ろう

今更聞けない資金調達の種類とは?

銀行とノンバンクの違い

手っ取り早い方法は、金融機関から融資を受ける方法です。
融資を受けられる金融機関には銀行や、それ以外のノンバンクがあるので、違いを知ってから判断しましょう。
銀行のメリットは金利が低い面ですが、審査が厳しいと言われます。
特に初めて会社を経営する人や、規模が小さい会社を経営している人は融資を断られるかもしれません。
しかしノンバンクなら審査が緩いので、通過できると思います。
ノンバンクは、スピーディーに資金調達ができる面もメリットですね。

時間が掛かっても良いからなるべくリスクを減らしたい人は、補助金や助成金を申請できないか確認しましょう。
条件に当てはまる補助金や助成金があれば申請して、会社を経営する際の資金に使ってください。
補助金や助成金は返済しなくても良いので、金融機関からの融資に比べてリスクがかなり低いです。
ただ受け取った資金は、必ず会社の経営に使わなければいけません。
さらに、クラウドファンディングもリスクが低い方法なのでおすすめです。

家族や友人など、知り合いに資金を借りる方法もあります。
この方法は、自分たちで返済期限や利子などのルールを決められる面がメリットです。
普段から親しくしている人なら、優しい条件で資金を貸してくれるかもしれません。
しかし相手が嫌がっているのに、無理に資金の援助を迫ってはいけません。
それでも無理を言ったり、最初に決めたルールを守らなかったりすると、今後の人間関係に悪影響を与えます。


TOPへ戻る