資金調達の選び方を知ろう

>

その時に合う方法を選択する

金利が低いと言われている

金融機関から融資を受けた場合は、返済しなければいけません。
さらに金利が発生するので、返済額は借りた額よりも大きくなります。
そのことも踏まえて、どのくらい資金を借りれば良いのか考えましょう。
たくさん借りすぎると、返済の負担が大きくなってしまいます。

ちなみに金融機関の中でも銀行は金利が低いと言われており、返済の負担を削減できます。
返済に不安を抱いている人は、銀行を選択しましょう。
しかしその分、厳しい審査が行われます。
そして少しでも資金を返済できない要素があると判断されたら、審査を通過できないので気を付けてください。
自分は信頼できる人間だと、審査の際にアピールしましょう。
融資は、信頼が最も重要なポイントです。

ノンバンクのメリット

中小企業や個人企業で、銀行の厳しい審査を通過できるか不安を抱いている人は、ノンバンクを選択してください。
ノンバンクとはクレジットカード会社や消費者金融会社のことを言い、審査が簡単な面がメリットです。
さらにすばやく審査が終わるので、資金調達に時間を掛けたくない人に向いています。

ただノンバンクは銀行と逆で、金利が高いので返済計画をしっかり立てておきましょう。
無計画で資金を借りると、毎月どのくらい返済すれば良いのかわかりません。
途中で混乱して、最終的に返済できないという事態に発展するかもしれません。
1回でも返済が滞ると、会社の信用を大きく失います。
そしてもうノンバンクでも、融資されなくなると覚えておきましょう。



TOPへ戻る