資金調達の選び方を知ろう

>

金融機関はリスクが大きい

自分が使える補助金や助成金

それぞれの地域で、補助金や助成金に関する制度が決められています。
会社を経営している人なら誰でも申請できる制度もあるので、早めに申請を済ませておきましょう。
存在に気づかないまま期限切れになって、資金を受け取れなかったらもったいないです。
他にも女性の雇用や、新人の育成に力を入れている会社が申請できる補助金や助成金があります。

詳しく調べて、複数の補助金や助成金を組み合わせて使いましょう。
そうするとかなりの金額になり、資金不足を解消できると思います。
ただ返済しなくて良いのはメリットですが、申請してから資金を受け取れるまでに時間が掛かります。
ですから時間に余裕がある時に、補助金や助成金を申し込むのが賢い方法です。

クラウドファンディングをしよう

投資家から出資されるのが、クラウドファンディングの特徴です。
難しそうですが、今は主流の資金調達方法になっており、サイトに登録するだけで簡単に準備ができます。
手軽な方法なので、挑戦してみましょう。
ただこちらも補助金や助成金と同じで、時間が掛かります。
1年ぐらいは必要だと思い、計画的に始めてください。

また待っているだけでは、誰も出資してくれません。
存在に気づいてもらう、興味を持ってもらうことがクラウドファンディングを成功させるコツです。
ですからSNSで、宣伝してください。
クラウドファンディングをしているという情報だけでなく、このような事業を行っていると伝えましょう。
すると興味を持つ人や、応援してくれる人が増えます。



TOPへ戻る