資金調達の選び方を知ろう

>

頼れる存在がいる人

信頼できる人を探す

頼りになる人がいるなら、その人に資金に関して相談しても良いと思います。
この際はただ資金が必要と言うのではなく、このような事業を始めたいから資金が必要というように、具体的な計画を述べてください。
すると、相手から信頼されやすくなります。
計画を隠していると不審に思われるので、たくさんの情報を提供しましょう。

また、今回の事業が成功する根拠も伝えてください。
自信があることを伝え、自分に出資するメリットも説明すると、相手は進んで出資してくれると思います。
資金を借りるなら家族や親戚、家族ぐるみの付き合いをしている友人など、本当に親しい関係の人を見極めてください。
それほど親しくない人に相談しても、断られるだけです。

書面に残しておこう

融資してくれる人が現れたら、返済の期限や金利について細かく話し合い、まとまったら書面に記載してください。
これがいざという時の証拠になり、トラブルを避けられます。
書面で約束をしていないと、まだ返済期限前なのに全額を返済するように言われたり、高額な金利を請求されたりしてしまいます。

また話し合ってルールを決められると言われますが、こちらは資金を借りるので弱い立場です。
自分に都合の良い条件ばかり言って、押し通さないでください。
あくまでも相手の意見を尊重しつつ、厳しいと思ったら緩くしてもらえないか丁寧に頼み込みましょう。
態度や言葉遣いが雑だと相手は不快に感じるので、礼儀正しくお願いすることを意識してください。



TOPへ戻る